ステップアップしていく治療

妊娠検査薬

妊娠率は、35歳を過ぎるとがくっと下がると言われています。そして35歳以上で結婚する人も珍しくない晩婚化の現代、昔に比べ不妊治療を行う夫婦は格段に増えてきました。不妊治療とは、妊娠を目指して行う医療行為です。女性の排卵日をエコーなどで確実に確定し、その日に合わせて性行を行うタイミング法から、人工授精、体外受精とステップアップしていくのが普通です。人工授精は、男性から取り出した精子を洗浄し、シリンジのようなものを使って女性の膣内に送り込むという方法です。妊娠率は5~10%と言われています。体外受精は、男性から精子を、女性からは卵子を取り出し、卵子の上に精子をふりかけて受精させる方法です。タイミング法や人工授精に比べ、受精する場所が女性の体内か体外か、というところが相違点です。妊娠率は20%程度と言われています。体外受精にステップアップすると、費用もかかりますが妊娠率がかなり上がるので、最終的な治療法として選択する人が多いです。横浜にあるレディースクリニックや不妊治療専門病院では、体外受精で多くの妊娠実績を出しています。

夫婦で支え合い治療を行う

医者

不妊治療は、男性に比べ女性が圧倒的に負担が多いものです。体外受精になると、卵子を体の中から取り出す採卵という手術を受けなくてはなりません。卵子は薬で成長させ複数個取り出すのが普通ですので、薬の副作用で卵巣が腫れたり、吐き気などを伴ったりすることもあります。また人工授精やタイミング法でも、毎回エコーをしてもらいに病院へ通わなくてはならず、血液検査や卵管造影検査など様々な検査を受ける必要もあります。そのため、男性のサポートが非常に重要になります。不妊治療をしてもなかなか妊娠にいたらない場合、精神的にも辛くなってきてしまう女性も多いので、夫婦で支え合いながら共に治療を続けていくことが重要です。また、大切なのはそれぞれに合った治療を行うことです。必ずしもタイミング法、人工授精、体外受精というステップで進むわけではなく、検査の結果や年齢に合わせ、初めから体外受精が適切と判断される場合もあります。夫婦で事前に費用やどこまで治療を続けるかということを話し合い、治療の方針を決めておくことが大切です。妊娠は不妊治療のゴールですが、出産というゴールの始まりでもあります。夫婦の大切な宝物に出会うため、二人で支え合い治療を続けることが大切です。横浜にある専門病院は、夫婦1組1組に寄り添い、確かな妊娠実績を積み上げています。医師と自分の体を信じて、根気強く治療を続けていきましょう。

広告募集中