HOME>アーカイブ>不妊の検査や治療を行うなら医療機関選びは慎重に行おう
院内

不妊の原因が確認できる

横浜でも不妊に悩む夫婦は少なくありませんが、不妊治療を行うことで良い結果を得ている人も多くなっています。不妊治療が人気の理由としては、不妊の原因がしっかりと確認できるということがあげられます。晩婚化が進み、初婚の年齢が上がっていることも不妊治療の需要が増えている理由と言えるでしょう。妊娠を得るためには、性行為は欠かすことができませんが、タイミングが合っていないと良い結果を得ることは難しくなりますし、身体に何等かの不調がある場合は治療も考えていかなくてはなりません。特に夫婦ともに問題がなければタイミング療法で良い結果が得られる可能性がありますし、それでも妊娠が得られない場合は排卵誘発剤など治療方法を変えることもできます。こうした治療でも良い結果が得られない場合でも、人工授精や体外受精、顕微授精などステップアップも考えていくことができます。良い結果を得るためには、夫婦どちらかだけではなく、二人で一緒に検査を受け不妊の原因を見つけていくことが大切です。

まずは検査から

横浜で不妊治療を行うのであれば、まずは治療で多くの実績を持つ信頼ある医療機関を見つけましょう。各医療機関ではどのような取り組みが行われているのかも確かめていきたいですし、医師との相性も大事です。申し込む前は実績や評判も良く調べておきましょう。横浜で不妊治療を行う前には、まずは不妊の原因を調べるための検査が行われます。不妊の原因が女性にあるのか、男性にあるのか、もしくは両方にある場合もありますので、夫婦二人で検査を受けることが大切です。検査はホルモン検査や超音波検査、精液検査や粘液検査などが行われます。治療方法は負担の少ない治療から始めることが一般的で、妊娠しやすい期間に性行為を行うタイミング療法が選ばれることが多くなっています。タイミング療法で良い結果が得られない場合は人工授精や体外受精などより高度な治療を進めていきます。

広告募集中