HOME>記事一覧>夫婦二人で検査を受けることで、不妊の原因を特定しやすいです

早めに受診することが大事です

夫婦

赤ちゃんがなかなか授からないと、身内からプレッシャーを掛けられるので、不安やあせりを感じている人が多いです。避妊をしていなくても、1年を過ぎて妊娠しない場合は、不妊の可能性があります。30代、40代と年齢を重ねると、妊娠する確率が下がるので、早めに横浜の専門クリニックで不妊治療を受けましょう。

最新の医療機器を導入しています

医者

横浜の専門クリニックは、デリケートな体の悩みを相談しやすいです。最新の医療機器を導入しているので、精度の高い検査が受けられます。男性側に問題があるケースもあるため、夫婦二人で通院をして、適切な不妊治療を受けることが大事です。

タイミング法や排卵誘発剤の治療

横浜の専門クリニックでは、タイミング法や排卵誘発剤を使った不妊治療を行っています。自然な妊娠を希望している人におすすめの方法です。タイミング法で赤ちゃんが授からない場合は、人工授精などの不妊治療も行います。

体外受精などの高度な医療を行います

横浜の専門クリニックでは、不妊の原因を特定して最適な不妊治療を行います。子宮内膜症や子宮筋腫などの病気がある場合は、まずは治療を行う必要があります。筋腫が小さい場合は、子宮を摘出する必要はないので、妊娠できる可能性があります。横浜の専門クリニックでは、体外受精などの高度な不妊治療も行っています。体外受精は基本的には、保険適用外になっていますが、妊娠する確率を高めることが出来ます。

広告募集中